着圧レギンス

着圧レギンスって副作用があるの?吐き気などの原因と対処法を紹介!

この記事では「着圧レギンスに副作用があるって聞いたけど本当?」と不安な人へ、吐き気など副作用の種類や原因と対処法を紹介しています。

\SNSで話題!グラマラスパッツ/

/ナイトスリムorデイリースリムプレゼント!\

着圧レギンスの副作用にはどんなものがあるの?

早速ですが、着圧レギンスの副作用にはどんなものがあるのかを紹介していきたいと思います!

副作用とは?

「主作用でない作用(すなわち主作用には関連のない薬理作用)」

引用元:副作用について理解しようより

副作用という言葉は主に、薬で使われる言葉です。

それでは、着圧レギンスの副作用とはどういう意味でしょうか?

この場合は、サイズや使い方を誤って生じた症状です。例外もありますが、ほとんどの原因はこれです。

あとで詳しく説明しますので、最初に副作用の種類をみていきましょう。

着圧レギンスの副作用をネット上の声と一緒に紹介

着圧レギンスの副作用について、ネット上の声と一緒にみていきたいと思います。

かゆみ

化学繊維が体に合っていない場合は、繊維が当たっている部分にかゆみが出ることがあります。

この場合は、残念ながら使用を中止するのが望ましいです。

肌荒れ

着圧レギンスを履くと、汗をかきやすい身体になります。そのため、特に暑い時期だと汗でかぶれることがあります。

できるだけ皮膚の状態を清潔に保てるように、汗で汚れた着圧レギンスはこまめに洗うようにしましょう。

腰痛

着圧レギンスの大きさを間違えると、骨盤付近の締め付けがうまくいかず、逆に腰を痛めてしまう可能性があります。

むくみ

着圧レギンスが小さすぎると、脚の血流が悪くなって、逆にむくみやすくなることがあります。

胃が苦しい・吐き気

着圧レギンスの中には胸の下あたりまで長さがあるものもあります。あまりにきつすぎるものを選んでしまうと、胃を圧迫して胃が苦しくなったり、吐き気がすることがあります。

また、おうちで履くときは、食事前後の着用は控えてみると改善する可能性があります。

トイレが近くなるのは効果が出ている証拠

トイレが近くなるということは、身体の水分が外に出ているということです。

むくんでいる脚を着圧レギンスが引き締めてくれることで、水分が出ている証拠です。

着圧レギンスには他にもこんな副作用がある!

主な副作用のほかにも、いろいろな副作用があります。症状が出たら、無理をせず着用をやめてみましょう。

身体がこる・頭痛・倦怠感・冷え性・不潔による感染症

サイズや使い方が影響している時は、自分に合ったものを買うようにしたり、正しい使い方をするようにしましょう。

国民生活センターにも着圧レギンスの副作用について書いてある!

調べてみると、国民生活センターでは加圧を利用したスパッツの使い方に注意!という記事がありました。

消費者に対して、以下の2つについて注意するように書いてあったので紹介します。

同じ姿勢を続けないこと!

加圧を利用したスパッツは、部位によって医療用の弾性ストッキングと同等以上の衣服圧のものがあった。特に「しゃがむ」姿勢をしたときに膝やふくらはぎの衣服圧が高くなり、加圧を利用したスパッツを着用することで静脈血が停滞しやすくなる可能性があった。同じ姿勢を続けない等、使い方には注意したほうが良い。

引用元:加圧を利用したスパッツの使い方に注意!

同じ姿勢を続けることで、膝やふくらはぎの衣服圧が高くなってしまうことがあるため、着圧レギンスを履いているときは、同じ姿勢を続けないように気をつけましょう。

重ね履きやまくれ上がりに気をつけること!

自分の身体寸法を正しく把握し、サイズが適正なものを選ぶことが大切である。通信販売等では、商品を確認することが難しいため、購入の際には慎重に対応すること。また、着用時には、他の加圧製品(ハイソックスなど)との重ね履きや、まくれ上がり等使い方に注意する。

引用元:加圧を利用したスパッツの使い方に注意!

自分に合った大きさの着圧レギンスを選ぶことはとても大切です。また、重ね履きやまくれ上がりによる、副作用を防ぐように気をつけましょう。

着圧レギンスの副作用を防ぐための対処法を紹介!

着圧レギンスの副作用ができるだけ起こらないよう、対処法を紹介していきたいと思います。

着圧レギンスを正しく使う

上で紹介した副作用の対処法として、詳しい内容には以下の4つがあります。

  • 「しゃがむ」「椅子に座る」といった膝の裏やふくらはぎが長時間圧迫される姿勢を続けないこと
  • 他のレギンスと重ね履きしないこと
  • 汗をかいたら着替えて着圧レギンスを洗濯すること
  • 繊維の素材でかゆみなどの症状が出たときは、無理して使わないこと

副作用が出たということは、使い方に何らかの原因がある可能性があります。

無理して使わないようにするか、正しい使い方をするようにしましょう!

着圧レギンスを正しいサイズにする

サイズが合っていないものを使うと、思わぬトラブルが生じる可能性があります。

サイズを正しいものにすることも大切です。

大きさについて以下の記事も参考にしてみてください↓

>>グラマラスパッツの大きさについての記事はこちら

>>ベルミスの大きさについての記事はこちら

その他着圧レギンスの注意点は?

その他の注意点としては、以下の4つがあります。

  • 元々、足に何らかの疾患または症状がある場合は、医師に相談してから使用する
  • 妊娠中は使用しない
  • 産後履くときは医師に相談してから使用すること
  • 偽物が多いため、できれば公式の販売店で購入すること

産後に履きたいときは、身体の回復具合に応じて使用を開始するのが望ましいので、医師に相談するようにしましょう。

グラマラスパッツの紹介記事には、実際に私が産後に履いてみた時のレビューなども書いているので、ぜひ参考にしてみてください♪

着圧レギンスの副作用を知って対策しよう!

着圧レギンスの副作用には以下のようなものがあります。

かゆみ、肌荒れ、腰痛、むくみ、吐き気など

布の素材が合わないことが原因のかゆみをのぞいてみると、使い方やサイズを改善することで、副作用を抑えられることがわかると思います。

着圧レギンスの副作用を知った上で、SNSで話題のグラマラスパッツをぜひチェックしてみてください♪

\SNSで話題!グラマラスパッツ/

/ナイトスリムorデイリースリムプレゼント!\