着圧レギンス

産後に着圧レギンスはいつから履ける?始める時期と注意するポイントを紹介!

この記事では、産後に着圧レギンスはいつから履けるのか、始める時期と注意するポイントなどを紹介しています。

\憧れの美脚とくびれを同時にゲット♪/

産後に着圧レギンスはいつから履ける?体調に合わせて始めよう!

結論から言うと、自然分娩の場合は産後8週間が経過し体調が戻ってから、帝王切開の場合は、おなかの傷の治りなどに合わせて医師の許可が出てから履き始めるのがおすすめです。

つまり、産後に着圧レギンスを履く場合は、体調に合わせるのが大切です。

産褥の期間は、分娩後6~8週間とされています。

引用元:【助産師解説】産褥期ってなに?産後の肥立ち?産褥期のママの心身と過ごし方

上にも書いてあるように、産褥期間は6〜8週間

この間に、子宮が元の大きさに戻り、悪露も少なくなり、やがてなくなります。

そのため、身体が元の状態に戻るのを妨げないように、この期間に腹部を締め付けないことが重要になってきます。

自然分娩の場合

自然分娩の場合は、上にも書いたように、分娩から6〜8週経ち、身体の状態が落ち着いたら着圧レギンスを履いても大丈夫です。

ただし、しっかりと身体が元の状態に戻って、産後の肥立が良好であることが重要です。

不安な人は、医師や看護師に聞いてから履くようにしましょう。

帝王切開の場合

帝王切開の場合は、おなかに大きな傷があります。そのため、腹部を締め付けることは避けましょう。

医師のOKがでてから使用するようにしましょう。

\妊娠前の体型に!憧れの美脚とくびれを同時にゲット♪/

産後に着圧レギンスを履くのに注意するポイント5つ

産後の体はデリケートです。

無理をしてしまうと、身体の回復が遅れてしまう可能性もあるので、産後に着圧レギンスを履くのに注意するポイントを紹介します。

ポイントは以下のように5つあるので、詳しく見ていきましょう!

  • 無理な食事制限はしないこと!
  • 自分に合った大きさを選ぶ
  • 体調が悪いときは使用しない
  • 産後の肌は敏感!生地が合わない場合は使わない
  • 商品によっては届くのが遅くなる場合も!早めの注文がおすすめ

無理な食事制限はしないこと!

産後は、母乳を与える人も多いですよね?

赤ちゃんに栄養を与えないといけないため、妊娠前よりおなかがとてもすくと思います。そのため、母乳を与えている間は、無理な食事制限は控えるようにしましょう。

母乳育児中の摂取カロリーについては以下の引用文献をみてください。

母乳育児中は350キロカロリーをプラスする必要がある

引用元:【母乳育児で痩せるには】母乳育児で痩せるために気をつけたい3つのポイント

350キロカロリーもプラスして食事をしなければいけないため、ダイエットのために無理な食事制限をしている場合ではないことがわかると思います。

産後は食事制限をするという意識ではなく、お菓子などの甘いものを控えて、代わりにおにぎりを食べるといった工夫をする方が、身体にとってはいいです。

自分に合った大きさを選ぶ

妊娠前と産後では体型が同じとは限りません。

自分に合った大きさの着圧レギンスを選ぶことはとても重要で、効果が十分に得られるかといったことに関わってきます。

産後の自分の体型に合った大きさの着圧レギンスを買うようにしましょう!

大きさについては、グラマラスパッツの記事を参考にしてみてください。

グラマラスパッツのサイズ表記はしっかり確認しよう!十分な効果が得られなくなる?

体調が悪いときは使用しない

産後の身体はとてもデリケートです。

無理やり着圧レギンスを履くことで、産後の身体の回復が遅れてしまう可能性もあるので、体調が良くないときは無理せず、使用しないようにしましょう!

産後の肌は敏感!生地が合わない場合は使わない

産後の肌はとても敏感です。私自身も、産後に肌が乾燥しやすかったり、かゆみが出たりすることが多かったです。

そのため、着圧レギンスの生地も、肌に合わないことがあるかもしれません。

そんな時は、無理に使わないようにしましょう。

下の記事も参考にしてみてください。

グラマラスパッツって副作用があるの?原因と対処法を紹介!

着圧レギンスにはいろんなメーカーのものがあります。自分の肌に合わないときは、使っているものと違う商品を試すのもいいかもしれません。

記事の一番下に着圧レギンスの口コミ記事があるので、参考にしてみてください。

商品によっては届くのが遅くなる場合も!早めの注文がおすすめ

着圧レギンスの種類によっては、人気がありすぎて商品の到着まで時間がかかるものもあります。

実際に人気で、到着まで最低でも2週間はかかるのが、グラマラスパッツ。

すぐに履きたくてもなかなか手元に届かないので、履く予定より少し早めに注文するのがおすすめです。

\妊娠前の体型に!憧れの美脚とくびれを同時にゲット♪/

産後に着圧レギンスを履くことで得られるメリット3つ

着圧レギンスって、思っていたより値段が高いと思う人もいると思います。

どんな効果があるのかわからないのに、買うのはちょっと…と躊躇してしまいがちですよね?

そこで、産後に着圧レギンスを履くと、どのようなメリットがあるのでしょうか?

メリットは以下の3つが挙げられます。詳しく見ていきましょう!

  • 体型がもとに戻りやすくなる
  • むくみや冷え性になりにくくなる
  • 産後に忙しくても続けやすい

体型がもとに戻りやすくなる

着圧レギンスの中には、引き締め感がしっかりしていて、筋肉をしっかりと引き締めてくれるものがあります。

そのような着圧レギンスは、日常生活動作や運動などによって、上手に脚の筋肉を使うことができて、ダイエットにつながりやすくなります。

産後のぽっちゃり体型を戻すのに着圧レギンスは最適です!

むくみや冷え性になりにくくなる

着圧レギンスは、おなかから足首まですっぽりと覆ってくれるものが多いです。

また、脚の引き締めによって、リンパの流れをよくしたり、血液の流れをよくする効果が期待できるので、むくみや冷え性の人におすすめです。

産後に忙しくても続けやすい

骨盤をサポートするのに使う場合、着圧レギンスは骨盤ベルトと違ってずれにくくて続けやすいです。

また、履くだけなので、育児で忙しくても毎日無理なく続けやすいのがおすすめなポイントです。

\妊娠前の体型に!憧れの美脚とくびれを同時にゲット♪/

まとめ:産後に着圧レギンスはいつから履ける?体調をみながら始めよう

産後に着圧レギンスを履く時期については以下の通りです。

自然分娩の場合:産後8週間が経過し体調が戻ってから

帝王切開の場合:おなかの傷の治りなどに合わせて医師の許可が出てから

いずれにしても、産後は体調の変化が目まぐるしいので、無理はしないように気をつけましょう。

着圧レギンスは、産後のダイエットや骨盤サポートに、無理なく始められて続けやすいのでぜひ試してみてくださいね。

\妊娠前の体型に!憧れの美脚とくびれを同時にゲット♪/

着圧レギンスの各口コミ記事も参考にしてみてください。